【葬儀:まめ知識】枕刀について

枕刀は、息を引き取った後、魂が抜けてしまった体(遺体・亡骸)に悪い魂が入ってこないように

枕元や布団の上に、守り刀として悪霊の嫌いな刀などの光るものを置くことです。

昔は防腐処置などがない為、亡くなった方をそのままの状態にしておくと、ガスがたまり

体は膨張され痛ましいお姿になりました。その姿はまさに『悪霊にとりつかれた』と思ったそうです。

そこで遺体を悪霊から守ろうと、刀物を置く習慣になりました。しかし、亡くなられた方は形が崩れて

いくことは自然の現象です。現在はその体を数日間は良い状態に保とうと防腐処置(ドライアイス・保冷室)

などがあります。

亡くなられた方は悪霊になるのではなく、天に昇り私たちを見守ってくれていると思います。